PR

コロタンとクゥたんのお墓参りに行ってきました

記事内に広告が含まれています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

初めての飼い猫「ころたん」

りんちゃんとムーちゃんの前にいた猫達のお墓参りに行きました

うちの初めての飼い猫はコロタンでした。私の会社の先輩のおうちの駐車場で車のボンネットの中に入って鳴いてた女の子で今から思えば生後3ヶ月ぐらいの子で、誰か飼ってくれないかな?と写真をみせてもらったら、もう、かわいくて、それまで動物苦手(怖くて)だったのですが、その子はかわいすぎて、一緒に暮らしたいと思い、家に来ることになったんです。

名前は、何にしようかと、「たま」とか、「とら」とか・・・もう忘れてしまいましたが、毎日違う名前で呼んでてて、男の子だよ。と聞いていたのでコロタンの本名は、「ころすけ」なんです。

でもおおきくなるにつれて、たまたまがないことに気づき、女の子だね!と「ころたん」と呼ぶようになりました.

コロタンは、目がまん丸で大きくてかわいくて、もし、ころたんが、家に来なかったら猫好きになっていたかわかりません。ころたんは、とても人見知りだったし、元気だったので、嫌がる病院に行かなくても、避妊手術なんて、なおさらできませんでした。よく、言われているように、11才を過ぎた頃乳がんになってしまって、手術を2回しましたが亡くなってしまいました。いつもいたコロタンがいなくなってしまって、ペットをその子だけでお経をあげて、火葬して、お骨を拾わせてくれて、納骨、位牌を置いてお経をあげてくれる人間と同じように扱ってくれるお寺を教えてもらってお願いしました。ペットロスですよねすぐに思い出して泣いてしまう日々が続き何度もお墓参りに行きました。

保護猫の譲渡会

ころたんがいなくなって、さびしいので、ペットショップにも見に行ったりしたのですが、たまたまころたんのお墓参りの帰りに保護猫の譲渡会をやっていたので、見に行ったら、ころたんと同じキジトラの女の子がいて、もう、涙がとまらなくて・・・譲渡の申し込みをして、うちにきてくれることになりました。それが今のりんちゃんです。

1匹だと、かわいそうなので2匹の兄妹がいいなと思って譲渡会をのぞいてみたのですが、りんちゃんは、男の子と2匹で譲渡会に来ていました。なので、一緒に2匹でうちに来ました。男の子の名前はとても迷ったのですが、響きがかわいくって、「くぅちゃん」にしました。くぅちゃんは、長毛で鍵しっぽでとってもかわいかったんです。りんちゃんと2匹でいると、りんちゃんがお姉ちゃんみたいで、いつも、一緒にくっついていました。寝るときもくっついているし、遊ぶときもいっしょでした、ケンカとかしてなかったと思います。

でも6ヶ月を過ぎた頃先に女の子のりんちゃんから避妊手術をしたほうがいいと、無事手術しました。ころたんに避妊手術をしてあげなくて、病気になってしまったので、りんちゃんの手術が終わって、ホッとしました。

次にくぅちゃんの去勢手術の番だったのですが、術前検査で陰が見つかって、検査をしたら、猫伝染性腹膜炎でした。とてもこわい病気で、くぅちゃんはがんばってくれたのですが、亡くなりました。ころたんが亡くなってから、わずか、半年の事でした。位牌は今も、ころたんとくぅちゃんは並べておいてもらっています。本当は、1年間の約束なのですが、一番前の列ではありませんが、まだおいてくれています。コロタンは11月クゥちゃんは5月に亡くなったので、11月と5月には、お墓参りに行っています。

お寺に住み着いている猫

お寺には、4匹の猫がいるそうです。白くて大きい子と、白くてお顔に黒いぶちのある子、キジトラの大きい子と小さい子だと思うのですが、4匹一緒にみたことがないのでもしかしたら違うかも。なので、いつも、ころたんとクゥちゃんにお供えのつもりで、おやつを(主にチュールなんだけど)持って行ってこのねこちゃん達に食べてもらっています。喜んで食べてくれるのでころたんをなくした直後は特に嬉しかったです。

兄妹猫が亡くなったら

兄妹のクゥちゃんが亡くなって箱の中でお花がいっぱい敷き詰めたところで、動かないクゥちゃんを見ていたのでりんちゃんも亡くなったことを理解していると思っていたんですが違ったんです。ずっと、いつもくぅちゃんがいた高いところに向かってりんちゃんが鳴くんです、ずっと探しまっわて鳴くんです。3日でわすれるかな?と思っていたのですが、ぜんぜん忘れません、探して鳴くんです、見ていられなくてりんちゃんを譲渡してもらった団体の方にお願いして、今いるムーちゃんに来てもらいました。あんなに、クゥちゃんを探しまっわっていたりんちゃんもムーちゃんが家に来た瞬間小さいムーちゃんが気になって、やっと、クゥちゃんを探すのをやめました。

ムーちゃんは、とても元気で保護されたのも早かったので猫風邪もひかず、病気もなく大きく育って、毎日りんちゃんと楽しく暮らしています。これからも、暖かく見守っていただけるとうれしいです。コロタンが2回手術をして、また、しこりが出来たときにおかしいと思い今の行きつけの動物病院に行ったので代々の家の猫達を診てもらっていますが「また、キジトラ猫ですか」と言われましたが、きっと、一番最初の飼い猫のコロタンがキジトラだったので、今度は違う柄の子にしようかなとも思ったのですが、どうしてもキジトラ猫に惹かれてしまうママなのでした。

コメント